ブログ        

顧問税理士は必要?

こんにちは

先日当事務所にお問い合わせいただいたお客様から顧問税理士は必要か?という質問がありました
立場上「必要です!」と答えたいところですが実際のところ「人による」と思います
多くの会社あるいは個人事業者が税理士と顧問契約を締結しているのは
顧問税理士がいることにメリットを感じているからでしょう

ありきたりですがメリットは以下のようなもんでしょうか

①税務面での的確なアドバイス
顧問税理士がいると決算書に関するようなことに限らず
日常的に発生する疑問なども気軽に相談することができます

②経営の効率化
税理士に記帳代行、年末調整、給与計算など経営に関わる業務を依頼できるので
経営の効率化を図ることができます

③正しい税務申告が可能
誤った税務申告を行った場合、故意の有無に関わらず、加算税や延滞税などが必要になる可能性があります
なお、申告漏れや脱税の場合は、追徴課税が課せられます
税理士に任せることで、正しい申告を行えば、追加で払う税金、それに関わる手間を回避することができます

④信用度アップ
税務をきちんとやっていると、会社の実績につながるので社会的信用度が高くなります

⑤経営状態の向上
税理士は、経営アドバイス・経営コンサルタントの能力や資格を持っている人もいます
それらの知識を利用して利益を増やせるので費用対効果が高いのです

⑥節税対策・行政支援対策
複雑な税金のしくみを知っている税理士は、依頼者の税金が安くなる合法的な方法を考えながら仕事をしています
そのため、おのずと節税につながります

⑦経理担当を雇うより安い
経理担当社員を新たに採用して月給・賞与を支払うよりも、税理士を雇う方が安い費用で済みます

⑧税務調査の時も安心
確定申告など申告内容が正しいかどうかのチェックを税務署が行うのが税務調査です
このとき顧問税理士がいれば代理で立ち会うことができます(立ち合い料が別途必要)

一方デメリットとしては以下のようなものです

①税理士費用がかかる
当然ですが税理士を利用する際は必ず報酬が発生します

②自社で会計報告、税務申告まで完結
当然ですが税理士を利用しない場合は全て自社で完結する必要があります

③税理士とやり取りする手間がかからない
税理士と顧問契約をした場合には、必ず手間が生じます
記帳に必要な会計資料等を送付する必要があり事務的な手間がかかります

以上税理士と契約する場合のメリット、デメリットを挙げてみましたが
結局のところ顧問税理士をつけておられる方はメリットのほうが大きいと感じて
契約されているのだと思います

結局はご自身の価値観で判断されれば良いのではないかと思います