税理士変更

顧問税理士にこんな不満はありませんか?

毎月顧問料を払っているのに会社に来てくれない

高木会計事務所では
定期的にお客様との面談を実施しお客様とのコミュニケーションを重視しております。またお客様との会話を通じて経営上や税務上の不安点や問題点の把握に努め適切なアドバイスを実施しております。

 

経営の相談に乗ってもらえない

高木会計事務所では
単なる「事務代行業」はいたしません。これまでの公認会計士・税理士としての経験と知識に基づいて的確なアドバイスを実施するとともに、お客様とともに考えあらゆるお悩みの解決を目指します。

 

問い合わせへの対応が遅い(または無い)

高木会計事務所では
税理士業はサービス業と考えています。お客様へのサービスの向上に努めニーズに合った対応を行っていきます。そのため質問や相談事には税理士が迅速かつ真摯に対応いたします。またお客様には電話やメール、LINEなどでお気軽にお問い合わせいただくようお伝えしております。

 

経営に関するアドバイスがない

高木会計事務所では
税理士が勉強会や研修の受講など日々研鑽に励んでおります。またお客様のお話を親身になってお聞きした上で、事業内容に合った的確なアドバイスを心がけております。

 

上から目線で対応される

高木会計事務所では
お客様とのコミュニケーションを大切にしており、フラットでフレンドリーな関係を構築することを心がけています。何事も相談しやすい関係がなければお客様の経営上の問題点を把握することが難しいと考えるからです。当事務所ではお客様との「信頼」関係を大事にしております。

 

専門用語ばかりで何を言っているのかわからない

高木会計事務所では
もっとも大切にしているのはお客様との対話の時間です。それはお客様に会社の状況を正しく把握していただき、将来に向けた正しい意思決定に役立てていただきたいと願うからです。
ちょっとでも疑問に思うことがありましたら、遠慮せずに何度でも聞いてください。お客様の目線に立ってどんな説明をしたらより良く理解していただけるかをいつも念頭において業務にあたっています。

 

税理士を変更する場合のQ&A

Q-1 どのようにすればよいか?
A-1 顧問契約を解除したい旨を顧問税理士にお伝えください。

税理士との顧問契約書を確認し、解除の方法を確認してください。
その方法に従って、税理士を変更したいと伝えてください。
基本的には、それだけで税理士を変更することができます。

Q-2 穏便に契約を解除するには?
A-2 税理士の責任ではない理由を伝えると、スムーズに変更できるようです。

・「親戚が税理士として独立することになった。」
・「学生時代の友人が税理士をしていることを知った。」
・「主要取引先から同じ税理士にしてほしいと要請があった。」
等の理由を言うと、税理士も契約解除に応じるしかありません。

Q-3 税理士を変更するタイミングは?
A-3 なるべく早めに税理士を変える方がメリットがあります。

一般的には、決算・申告を区切りに税理士を変更したほうが、処理もスムーズです。

しかし、早めに変えた方が
・報酬の節約
・旧税理士が気付かなかった節税の提案
・節税案の実行までの時間的余裕
等のメリットがあります。

また、税理士を変更した場合、その後の税務調査の対応は新税理士が対応します。
変更前の最後の決算で、無責任な処理されても困りますし、新税理士が作成していない期の税務調査はやりにくいです。
変更するのであれば、なるべく早めに新税理士に引継ぐようにしましょう。

Q-4 税理士を変えたら、税務調査が来ると聞いたのですが本当ですか?
A-4 そういう噂はありますが、そんなことはありません。

単なる噂です。
たまたま、税理士を変更した年に税務調査に来る可能性はありますが、それは税理士を変えたからではなく、たまたまです。

Q-5 税理士変更後の必要な書類を教えてください。
A-5 基本的に、以下の書類をご準備ください。

・決算書、申告書
・総勘定元帳
・税理士に作成を依頼していた書類
・税理士に預けている書類
・会計ソフトのデータ
・給与計算のデータ

税理士変更の際には事前に新税理士と打ち合わせをしておきましょう。