税務

申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました

令和2年2月27日(木)、国税庁ホームページで「申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の延長について」が公表されました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、本来3月16日が期限である申告所得税・贈与税と、3月31日が期限の個人事業者の消費税について、申告期限・納付期限を4月16日に延長されました。これにともない、申告所得税と個人の消費税の振替納税を利用しているユーザーへの振替日も延長となります。

同庁では、マイナンバーカードや税務署で発行するIDとパスワードを使い、自宅のPCやスマートフォンから申告できる「e-Tax」の利用も勧めているほか、給与所得者や公的年金受給者で、医療費控除、ふるさと納税などの寄附金控除、住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)で還付を受けるユーザーに関しては、2024年12月31日まで申告できると案内しています。